STIFFY from BOTH WINGS が選ぶ「これから恋人になる人と一緒に聴きたい10曲」| PLAYER’S CHOICE

Music




PLAYER’S CHOICE(プレイヤーズ・チョイス)

セレクターや DJ、アーティスト、ダンサーなど、音楽のプロ達にオススメの10曲でプレイリストを作ってもらう企画『PLAYER’S CHOICE(プレイヤーズ・チョイス)』。

今回は、結成18年目を迎えるサウンド BOTH WINGS の〈STIFFY a.k.a. TAKE〉が、「これから恋人になる人と一緒に聴きたい10曲」を紹介してくれた。

1970年代の名曲から現在のダンスホールでもヘビープレイされる曲まで、年代を問わずレゲエ史に残るラヴソングたちをピックアップ。

テーマの通り、意中の相手と過ごす時間のBGMに最高なプレイリストとなっている。ドライブ中や部屋でのチルタイムなどに聞けば、いつもよりロマンチックな気分にさせてくれ相手との距離をぐっと縮められそうだ。

一曲ずつコメントもくれているので、そちらも併せてさっそくチェックしていこう。

「これから恋人になる人と一緒に聴きたい10曲」
by STIFFY from BOTH WINGS


1. Taking You Home / Romain Virgo

出会いはどこであるかわからないのがダンスホールですねー。

2. Gangsta Love / Bounty Killer

いかにもJAMAICAらしい男の歌うLOVE SONG。

3. Longing For / Jah Cure

これは当時彼が獄中から恋人へ向けた歌ですが、遠距恋愛している人たちにも当てはまるのでは。

4. Missing You Now / Sanchez

MICHAEL BOLTON のBIG HITのカバー曲。やはり好きな人とは男もいつもいたいんです。

5. Love From A Distance / Beres Hammond

説明不要のBIG TUNE!色々なことがあって愛は成熟するんですね。

6. Love You Higher / Benjy Myaz

そんな愛はどうなっていくのかと、90年代中期の最高のLOVE SONG。

7. That’s The Way It Is / Terry Linen

大切な人がいて悩んでいても、後押しをしてくれるパートナーがいる方がいいですよね。

8. Still In Love / Alain & Chris Martin

個人的には2010年以降の一番のLOVE SONGなんですが、甘い声の2人のかけあい、貴方がいれば何もいらないわと最高です。

9. A House Is Not A Home / Suger Minott

故 SUGER MINOTT が歌うルーサーバンドロスのカバー。近年では FREDDIE McGREGOR もカバーしてましたが、色々と無くなるのは一瞬です。

10. Ramping Shop / Vybz Kartel feat. Spice

完全に番外編です 笑 恋人と聴いてあえての戒めで。

WHO IS THE NEXT PLAYER!?

PLAYER’S CHOICEでは、プレイリストを作ってくれたプレイヤーから、リレー方式で次のプレイヤーを紹介してもらう。

STIFFY from BOTH WINGS からバトンを繋いでくれるのは誰か!?次回もお楽しみに!

STIFFY from BOTH WINGS プロフィール


結成18年目を迎える BOTH WINGS の MC/SEL。
BRAND NEWからOLDIESまでVINYL, DUB PLATEなども駆使しながら、自分の愛するJAMAICAN MUSICを日々仕事と音楽を楽しみながら伝えていく方法を模索中。

【Instagram】@takestiffy
【Twitter】@STIFFYBOTHWINGS

BOTH WINGS プロフィール

2001年 Stiffy を中心に結成。現在のメンバーは Stiffy aka Take (SEL/MC)、Turbo (SEL/MC)、Arrow-T (SEL/DE)、Kid-Rat (DEE JAY/ENG)、Oyakata (TRAVELLERS BOX)、77Banks (DEEJAY)、KILLER-U (SEL/MC) の7人で東京/関東/広島を中心に活動中。
Foundation、Lovers、Brand New、Dub Plateまで幅広くPlayしJuggling Styleは勿論、サウンドクラッシュ参戦経験もあり、客との一体感と曲のメッセージを大切にし伝えて行く事を常に考えている。
DEEJAYも所属し KID-RAT は SK2 (with SEKOBITCH), 新宿三銃士 (with SEKOBITCH, PRETTY RANKS) とのユニットとしても活動。各種コンピレーション等に収録されており、77BANKS も2017年7月に配信した「MURDER GYAL」がiTunesレゲエチャートで上位(最高5位)になるなどこれから注目である。
2009年からはサウンドシステム”TRAVELLERS BOXX”も所有し精力的に活動し日々進化している。
2018年には KILLER-U も加入し新しい世代にまで自分達のレゲエとは何かを伝え発信している。

<ALL DUB PLATE MIX>
TRAVELLERS MIX VOL,1 (2007/11発売)
TRAVELLERS MIX VOL,2 (2009/6発売)
TRAVELLERS MIX VOL,3 -ALL JAPANESE DUB PLATE MIX- (2015/7発売)

<レギュラーダンス>
*奇数月第1土曜日「TRAVELLERS SATURDAY」@下北沢ERA with TRAVELLERS BOXX
*毎月第3土曜日「BATTY RIDER -ALL VINYL HIT PARADE-」@新宿GARAM (STIFFY)
*毎月第3土曜日「HOT SPOT」@熊谷LAGOON (77BANKS)
*毎月第1火曜日「STARLIGHT TUESDAY」新宿GARAM (KILLER-U)
*偶数月第3日曜日「IMPACT」@渋谷R-LOUNGE
*偶数月第3金曜日「SET THE TREND」@渋谷JUMP (KILLER-U)
*偶数月第4金曜「theラバダブ」@乃木坂CACTUS(77BANKS)
*偶数月第4日曜日「DUB PLATE SUNDAY」@渋谷EN-SOF TOKYO
*不定期 REVIVAL SUNDAY (KILLER-U)

<SOUND CLASH参戦歴>
•SIMOON LIGHT JUGGLING CLASH (2005)
•WAR ROADED 2K7 (2007)
•BOMBOCLAAT NIGHT selectors clash編 (2008)優勝
•音殺 SOUND CLASH VOL,2 (2009)
•UNITY CUP (2010)
•PARTY HARD TUESDAY -RICKY TROOPER “SOUND CLASH” JAPAN TOUR- (2011)
•UNITY CUP (2013)
•DESTINATION BADDADAN CLASH JAPAN (2019)優勝