30周年を迎えるベテランセレクターの軌跡 | OBA-P from STEREO CRAVA インタビュー

来年で結成20周年を迎える老舗サウンド STEREO CRAVA(ステレオクレイバー)に所属し、個人の音楽活動としては30周年を迎える大阪の重鎮 OBA-P(オバピー)。セレクターとしては日本のレゲエ史上最多のプレイ回数も誇るとも言われ、自身が運営するレーベル YARDCORE ENTERTAINMENT(ヤードコア・エンターテインメント)からも数々のヒットソングを生み出してきた。創成期から現在まで、日本のレゲエシーンを語る上で常に欠かすことの出来ない存在である彼の軌跡を辿らせてもらった。

– BUZZLE MAGAZINE(以下BM):セレクターを始めて来年で30周年を迎えるとのことですが、活動をスタートさせたキッカケについて教えていただけますか?

OBA-P:始めた当時は1990年で地元の大阪、泉州にあった HOLD ON というレゲエバーへ先輩に連れられて行ったのが出発点ですね。ちょうどダンスホールパーティーみたいなことをやってて、その店のマスターと仲良くなり1990年の「SUN SPLASH」というフェスに連れて行ってもらいました。そこで一発でクラっちゃいましたね。そんな経緯もありその HOLD ON でバイトすることになって、店にあった機材とレコードでセレクターのマネごとをしだしたのが始まりです。その後1991年に HOLD ON であったパーティーでセレクターとしてデビューしました。

– BM:90年代初頭の日本のレゲエを体験されているのはかなり貴重だと思うのですが、当時のシーンについて伺いたいです。

OBA-P:当時はいわゆる第二次レゲエブームの真っ只中でした。80年代の終わりぐらいから大阪でもダンスホールパーティーをやるクラブがどんどん出てきましたね。サウンドでいうと、活躍してた印象が残ってるのは KILLASAN(キラサン)、EARTH QUAKE(アース・クエイク)、BRAIN WASH(ブレイン・ワッシュ)あたりです。そこに憧れて本気でセレクターとしての道を歩もうと決心しました。

やり始めた当初はその HOLD ON のマスターが主宰する HOLD ON RASTA CREW(ホールド・オン・ラスタ・クルー)というサウンドでユーツとして育ててもらってたんですが、その後高校の友達と GROOV CREW(グルーヴ・クルー)というのを結成しました。

飛び入りでプレイしてニューサウンドの立ち上げ宣言やったらええねん!

– BM:GROOV CREW 結成後はどういった活動をされていましたか?

OBA-P:結成後はクラブなんかでプレイしたりするようになって、仲良くなった DICE MAN に声をかけてもらって当時「築港」という野外ダンスをやり始めたばかりの TERMINATOR(ターミネーター)というサウンドに加入しました。そして2000年頃に TERMINATOR を脱退して、その年末の大阪ベイサイドジェニーでのビッグダンス、カエルスタジオ主催の「SESSION IMPOSSIBLE」への飛び入り参加を機に ROBIN(ロビン)と共にレゲエサウンド STEREO CRAVA を結成しました。

– BM:そうだったんですね。飛び入り参加っていうと具体的にどういうことですか?

OBA-P:この「SESSION IMPOSSIBLE」の数週間前に今は亡きカエルスタジオのアサオ氏と全然別の用件で電話してたんです。彼は TERMINATOR 時代から自分のことをすごい応援してくれてて…「TERMINATOR 辞めてもセレクターは絶対続けなあかんで!そや!今度ベイサイドジェニーでやる SESSION IMPOSSIBLE でいきなり飛び入りでプレイしてニューサウンドの立ち上げ宣言やったらええねん!」みたいなこと言ってもらって、即OKして段取りしてもらいました。

当日まで RED SPIDER と TERMINATOR とアサオ君ぐらいしかその事知らなかったので皆ビックリしてましたね。めちゃくちゃメインのいい時間にプレイさせてもらって無事宣言やらせてもらいました。

– BM: すごい経験ですね。

OBA-P:そうですね、当時大阪にあったそのベイサイドジェニーという箱は聖地みたいな場所でもあったし、客もパンパンでしたからね。

現場の数は日本一と言われるぐらいやってきてる

– BM:STEREO CRAVA を立ち上げてからはどういった活動をしてきましたか?

OBA-P:翌2001年から STEREO CRAVA としての本格的な活動を開始しました。まあ立ち上げ宣言も派手にやらせてもらったんですが、より全国に名前を知ってもらったのは日本のレゲエシーンで初めての CDJ を使ってジョグリンをやり始めたことだと思います。

– BM:当時はアナログがメインの時代で “レゲエといえばレコード” みたいな風潮があったと思うんですが、周りはどんな反応でしたか?

OBA-P:当時はあちこちでバッシング受けてました。「はあ?デジタルでレゲエ?」みたいな。全国のどこのクラブにも CDJ がなくて、全国各地 CDJ 二台抱えて営業行ってました。これが1周年のフライヤーです。この頃には CDJ でプレイしてましたが、日本にはまだ CDJ を使ってるサウンドは他にいなかったと思います。そこからは MIX TAPE や CD もいくつかリリースしましたが、現場・現場・現場の毎日でした。多い時には年間300本のダンスでプレイした年もあります。

– BM:年間300本!ほぼ毎日のようにプレイされてたってすごいですね。その中でも特に忘れられないイベントはありますか?

OBA-P:そうですね、現場の数は日本一と言われるぐらい数えきれないほどやってきてるので、強いて言うならケツメイシの全国ツアーにスペシャルゲストで呼んでもらってプレイした時は、なんか今までにない感じだったんで強烈に覚えてます。あと、昔はめちゃくちゃサウンドクラッシュばっかりやってたんですが、意外と勝った時の事は忘れてるんですが、負けたクラッシュは全部めっちゃ覚えてます。

当時は “REGGAE” という単語が音楽のジャンルだと認識してない人も

– BM:当時はレゲエを取り扱うメディアも少なかったかと思うんですが、どうやって情報を手に入れてたんですか?

OBA-P:始めた当時は世間的には “REGGAE” という単語が音楽のジャンルだと認識してない人もたくさんいるような状況で、インターネットももちろん無く、膈月で発行されてた「REGGAE MAGAZINE」という雑誌と、数少ないジャマイカから輸入された現場録音のカセットテープぐらいでしたね。レゲエシーンの中でもジャマイカに行ったことがある人は希少でした。もちろんパトワの本なんかも一冊もなかったですから、MC は完全に耳コピから始めましたね。

テープで喋ってることをカタカナで書き起こしてから、これはこう言ってるか?とか勉強してました。昔は本当にサウンド同士の関係っていうのは殺罰としてて、今のように他のサウンドのセレクターなんかと数少ない情報共有しあうとかもあまりなかったですからね。

– BM:OBA-Pさんは活動当初からジャマイカにも行かれてたんですか?ジャマイカも今とは大きく違うと思うので、当時の様子も聞かせてもらいたいです。

OBA-P:そうですね、初渡ジャマは1995年だったかな。初めてジャマイカに行った90年代中期はまだまだ本当に発展途上国って感じで、島中が危ない雰囲気に包まれてました。

まずジャマイカの空港に降りたって初めて乗ったタクシーの運転席側の窓とワイパーが無かったんですが、乗ってる最中に雨が降り出して、ドライバーが左手でハンドル操って、折れたワイパー持った右手を窓から伸ばして人力で雨をはらいながら運転しだした時は、えらい国に来てしもうたなと。あと初めて目の前で人が射殺されるのを見たのも、こめかみに拳銃突きつけられたのも初めて体験しました。その時に、小さいですがジャマイカのダンスでも初めてプレイしました。あとは、BOGLE(ボーグル)に BOGLE DANCE を直接教えてもらったり、DENNIS BROWN(デニス・ブラウン)の家に行った時にウチの娘と結婚するか?って言われたり(笑)ハプニングや出来事は山ほどあります。

– BM現在は日本にいても簡単に情報も仕入れられるようになったり、当時よりは治安が良くなったりと良くも悪くも刺激が減っているかもしれないんですが、そんな中ジャマイカに行って経験してみたいと考えているユーツにアドバイスなどありますか?

OBA-P:多くのサウンドマンやアーティスト、ダンサーなどが言うように、実際に行って肌で感じないと分からない部分が確実にあります。行きたい気持ちがあるなら絶対に行くべきだと思います。

TikTok で9000万回再生!EVERYBODY GO SO 誕生秘話

– BM:では次に、運営されているレーベル YARDCORE ENTERTAINMENT にもついて伺ってもよろしいですか?

OBA-P:一緒に STEREO CRAVA を立ち上げた相方の ROBIN が2010年頃から RIDDIM を作り始めたんです。それがどれもすごいクオリティ高くて。それでレーベルやって曲プロデュースしよう!ということで YARDCORE ENTERTAINMENT を始めました。これまでに30〜40曲はリリースしてきました。まあ現場でのプレイ以外やったことなかったんで最初はだいぶ手探りでやってましたけど。そのレーベルからの第一弾シングルが、ダンサーの MILO(マイロ)、滋賀のサウンド HOT SIGNAL(ホット・シグナル)の HOLY と一緒に自分自身で歌った『EVERYBODY GO SO』です。

– BM:『EVERYBODY GO SO』は TikTok でも9000万回も再生されて話題になっているようですね。この曲の制作秘話なんかはありますか?

OBA-P:この曲は『BRAIN WASH RIDDIM』という4曲のワンウェイでリリースしました。当時よく現場でリンクしてた MILO が滋賀のセレクター HOLY のプレイにヒントを得て「EVERYBODY GO SO っていうダンス出来たんです。」って言ってきたんです。そういう情報を共有しあって現場で煽って踊って BUSS するみたいな構図が当時あったので。それでちょうどその時期にレーベルをやる準備をしてオリジナルの RIDDIM も出来上がってたんで、それ使って自分達でダンスチューン歌っちゃおうって。3人いてその誰も歌った事なんかないのに(笑)2〜3時間でリリック書いてすぐ「スタジオ行って録音するぞ!」って。それからすぐに全国のジョグリンを得意とするようなサウンドとダンサー達が一気に全国へ広めていってくれました。

– BM:みなさん歌ったことがないのにも関わらず2〜3時間で歌詞を書くことが出来たのが凄いですね。

OBA-P:当時は TONY MATTERHORN や FIRE LINKS 等、ジャマイカにはセレクターの歌うダンスチューンのお手本みたいな曲もありましたからね。現場で踊るように煽る MC の尺を伸ばして1曲にした感じというか。

– BM:『EVERYBODY GO SO』は REWORK として別バージョンもリリースされていますよね。あれはどういった企画なんでしょうか?

OBA-P:オリジナルをリリースしてから一瞬で各地に広まったんで、全国のいろんなサウンドから DUB の依頼がきたんですが、HOLY も元々ディージェイ(歌い手)ではないから自分が一人で歌うバージョンでいいならということで DUB をどんどん録っていったんですよ。それが他ジャンルの DJ にも広がり、中でも一番影響が強かった Groovy workshop. というオールジャンルイベントプロデュースチームに録った DUB がレゲエ以外の全国のクラブやパーティー、フェスなんかでも BUSS しまくってて、それでもうこれはリリースしちゃおうって流れです。ちなみに REWORK の RIDDIM 作ってるのは DADDY DRAGON(ダディー・ドラゴン)です。

あと阪神タイガースの選手が入場テーマ曲に使ってくれたり、GOSSO っていうブラジリアンワックスのメーカーが CM ソングにと DUB 録ってくれたり。なにかとミラクルの連続ですね(笑)まあ REWORK や TikTok に関しては、そこからレゲエに興味を持ってもらえて、一人でも多く BOB MARLEY から CHRONIXX、BOUNTY KILLER や KARTEL なんかにまで掘り進めてもらえればという気持ちでやってます。

※数々のバラエティ番組や雑誌などに登場する人気タレント・モデルの JOY さん

※映画「殺さない彼と死なない彼女」で主演を務めるなど、CMやドラマ、映画等で活躍する女優の桜井日奈子さん。

– BM:その他にもたくさんの曲をリリースされていますよね。

OBA-P:このレーベルのリリース曲全ての RIDDIM を作ってる ROBIN は MODERN ON DISCO(モダン・オン・ディスコ)というトラックメイカーユニットを主宰してて、PETER MAN(ペータマン)や LITTLE CHIBI(リトルチビ)等、別レーベルのいろんな楽曲にも RIDDIM を提供してます。

今話題になっているこの曲も、

うちのレーベルからリリースしたこの曲もオススメです!

過去にリリースしたこの ALL JAPANESE MIX も最初から最後まで MODERN ON DISCO が全ての RIDDIM を作ってるんで聴いてみてほしいです。

自分個人の活動としては他に2015年から日本を代表するプロデューサー/トラックメイカーの一人、DADDY DRAGON たちとのプロデューサーチーム STAR TUNEZ(スター・チューンズ)として MAJOR LAZER(メジャー・レイザー)のメンバーである WALSHY FIRE(ワルシー・ファイア)とのジャパンツアーをやったり、歌う方も本業ではないんですがいろんなレーベルから数曲リリースしてきました。

素晴らしい若者がたくさんいるので何も心配はない

– BM:30年のキャリアを誇る OBA-P さんに伺いたいのですが、90年代から現在にかけて日本のレゲエシーンはどう変化していると感じますか?

OBA-P:90年代初頭から一気に日本中にレゲエ、ダンスホールが広まって、一度中期から後期にシーンが衰退したという人もいますが、自分的にはずっと発展の一途を辿ってきたと思います。2000年を越えてからは世界的にも広まっていって… 頭打ちしたような感じで2010年代以降シーンは衰退してきてると言う人もいるようですが、サウンドもアーティスト、ダンサーも、それ以外の形で発信しているレゲエ関係者も、素晴らしい才能を持った若者がたくさんいるので何も心配はしてないです。

– BM:ありがとうございます。日本のレゲエシーンの未来は明るいということですね。今後のレゲエシーンを盛り上げてくれそうな注目している若手などはいますか?

OBA-P:もうそろそろ若手とは呼べなくなってきてるかもですが… 日本人アーティストでは SHOWGA、サウンドでは LIFE STYLE が好きですね。もちろん SUPERIOR に HEMP ZION、たくさんいます。まだリンクしたことはないんですが YOUTH OF ROOTS や SHUN、775 って女性アーティストなんかに注目してます。海外のアーティストでは最近は STALK ASHLEY にどハマりしてます。

– BM:お答えいただきありがとうございます。では最後に、来年でOBA-Pさん個人では30周年、STEREO CRAVA としても20周年を迎えますが、今後の展望や新しい試みがあれば教えてください。

OBA-P:そうですね、今現在は予想もしなかった出来事が世界中で起こってしまって、これからダンスホールの現場・シーン共にこの先どうなるか分からないですが、時代にフィットしながらこれからもレゲエを広めて行きたいですよね。最近は YouTube チャンネルにいろんな音源や映像を、また手探りでやり始めて公開していってます。それと来年になるんですが、STEREO CRAVA の20周年、あと個人的に自分の30周年もやりたいなと思ってます。

STEREO CRAVA

– OBA-P

【Instagram】@stereocrava
【Twitter】@STEREO_CRAVA
【Facebook】OBA-P STEREO CRAVA
【YouTube】STEREO CRAVA
【Mixcloud】OBA-P STEREO CRAVA
【SoundCloud】OBA-P STEREO CRAVA

– ROBIN

【Twitter】@robin_MOD

YARDCORE ENTERTAINMENT

【Twitter】@YARDCORE_INFO

オフィシャルTwitterで最新情報をチェック!