新たなムーブメント「Do the レゲエ 」を発足した日本を代表する5人のサウンドマンへインタビュー

突如開設されレゲエシーンの話題をさらったYouTubeチャンネル「Do the レゲエ」。ジャパニーズ・レゲエ・ダンスホール TV と銘打ち、日本を代表する5人のサウンドマン BAD GYAL MARIE (NOTORIOUS INTL)、ACURA (FUJIYAMA SOUND)、OGA (JAH WORKS)、TAKU (EMPEROR)、DAICHI (SUPERIOR) によってスタートされ注目を集めた。そして、YouTubeだけにとどまらない彼らが新たに打ち出したプロジェクトは、日本初の試みとなる “オンラインサウンドクラッシュ” の開催だ。初戦は11月17日、〈Do the レゲエコミュニティ〉にて戦いの火蓋が切って落とされる。

全国のサウンドクラッシュファンの注目を集めることになった新たなムーブメントを発足した5人に、今回のプロジェクトの発端や、オンラインサウンドクラッシュの主催経緯、そしてそれぞれが注目しているサウンドなどを聞かせてもらった。

出場サウンド全13組のプロフィール、インタビューは こちら から。

BAD GYAL MARIE (NOTORIOUS INTL)

Instagram : @badgyalmarie

注目のサウンドは?

プレイを見たことがないサウンドが多いので注目しているのですが、中でも気になっているのは全てVinylでプレイするBASE LINE。ヤバいDubを持っている予感がします。

「Do the レゲエ」をスタートさせた経緯は?

ジャマイカでの経験や知識をシェアしたいと常々思っていました。将来的に実現しようと思っていたのですが、コロナ禍の影響でサウンドプレイが減り時間に余裕が出来たんです。今こそチャンスだと思い、日頃から意見交換をする、本当に音楽好きな仲間に話を持ちかけました。全員が二つ返事でOKしてくれて、各自アイディアを出し合って出来たのがDo the レゲエです。

ACURA (FUJIYAMA SOUND)

Instagram : @acura45

注目のサウンドは?

もちろんFUJIYAMA SOUND!
STRONGER, STAMP, FIRE-Gの3人が切り開く新たな歴史のスタートはこのオンラインクラッシュから!数あるDubと45を使ってどんな殺しのパフォーマンスをしてくるのか楽しみ!

オンラインサウンドクラッシュの主催経緯は?

Do theレゲエを始める前にこのMovementの核となるコンテンツが必要だねって皆で話していて、このコロナ禍で世界中でOnline Sound Clashが色々な形で開催されている中で日本でも同じように開催しよう!ってなったのがスタート。

本当は現場で実際にお客さんに見てもらってという今までと同じスタイルが一番なんだろうけど、この状況下で新たなエンターテイメントのツールとして確立されたオンライン配信だからこそできる事も多いんじゃないかな?って皆で話し合って全国各地のSoundがトーナメント形式で勝ち上がっていく今までになかったSound Clashを開催することにしました。

最初は予定していた8 Soundも応募がくるのかな?って皆で心配していたんだけど、予定数を大きく超える13 Soundが声をあげてくれて、その応募用の動画を見てたら全員熱い気持ちの中でエントリーしてくれてるのも分かったし、自分達も全員Soundとしてやっているから、この気持ちを踏みにじれないなと感じて、締め切りの日までに応募してくれたSoundにMarieが確認を取ってくれて全員の承諾を得て応募者全員が参加するSound Clashトーナメント開催に至りました。

皆が名前を知ってるSoundも初めて見るSoundもエントリーした全ての出場Soundがこの企画を機にさらに注目されるキッカケにもなると思うし、今までSound Clashを見たことが無いお客さんもオンラインだからこそ気軽に見てもらえるようになると思うから、このMovement発信でジャマイカの音楽文化に興味を持ってくれる人が1人でも増えてくれたらいいなと思います。

OGA (JAH WORKS)

Instagram : @ogajahworks

注目のサウンドは?

JAH WORKS。
自分が10年間録ってきたDubを後輩がどういう感じでみんなに届けてくれるのか楽しみで仕方ありません!

世界のサウンドとオンラインサウンドクラッシュを体験した感想は?

今年の春に世界中の人が行動を制限されていた時期に開催されたMajor Lazer主催の「Quarantine Clash」に参加したのですが、あの時僕も出演する予定のイベントは全てキャンセルになり、無収入で目標も無くなってしまった時で、なかなかドン底の状態でクラッシュが決まり、おかげで目標ができ気持ちが復活しました。

結果は初戦敗退してしまった訳ですが誰も挑戦したことがないNew Gameをやり遂げた時のあの気持ちは最高でした。

日本で初の試みであるオンラインクラッシュに挑戦する皆さんの活躍を期待しています!

TAKU (EMPEROR)

Instagram : @emperor_taku

注目のサウンドは?

KING LIFE STAR。
Do the Reggaeの収録中に参戦表明をぶっこんできたVibesにブチ上がりましたし、RIO君のイケイケな感じは、オンラインでも人の心を動かすと思います!
メンバーが増えてからの新生KING LIFE STARのplayとDubやオンラインでの戦い方がが凄い楽しみです!

オンラインとオフラインの楽しみ方の違いとは?

会場で開催されるクラッシュと違って今回の録画オンラインクラッシュはリスナーのみなさんが一つの会場に集まる必要がないので、会場に行けない人も自分の好きな時間に視聴することができます。

例えば、テレビを見ながらや、寝転がりながら、通勤通学の時間でも可能です。自分なりの新しいクラッシュの楽しみ方もみつかると思いますし、オンラインの可能性は無限大だと思います!

一方、現場のクラッシュは熱気や臨場感、会場がおもっきりボスしたときの盛り上がりの瞬間や、緊張感が漂う雰囲気が最高なんですが、オンラインクラッシュではそのあたりがなかなか感じにくい点もありますし、ちょっと物足りないように感じるかもしれません。

楽しませる方に関して、オンラインクラッシュするにあたって配信機材を揃えたりは本当に大変なことですが、背景や照明、カメラの位置、音質にこだわったり、配信技術の向上をしていくことで現場とのギャップを少しでも埋めていくことは可能だと思います。

オンラインクラッシュはベースができると今後も現場のクラッシュよりも頻繁に開催できるようになるはずですし、今よりもクラッシュに興味をもってもらえるようなリスナーさんが増えていくようになればいいなと思います!

DAICHI (SUPERIOR)

Instagram : @superior_daichi

注目のサウンドは?

ROCKET LAUNCHER。
何度か共演させてもらいましたが、どんな状況でも世界に連れて行ってくれる選曲やMCなにより空気感が出そうと思って出るもんじゃねぇなぁと思いました。
オンラインクラッシュなのでお客さんの反応がオンタイムで来るわけでもない中どうするか楽しみです!

若い世代から見る、今までになったオンラインクラッシュの可能性とは?

僕ら自身サウンドセッションやオンラインクラッシュのオファーが海外からも来たり、やったりして思いましたが、今回は録画ですし、お客がいま何人だからこうしておこう、とか、お客さんの反応みて曲を変えれない、外的要因が100%ない中かましてくのは求められるものも変わってくると思いました。

熱く、一言では片付かなくなってますが、オンラインになった事で、とんでもない背景であったり、そういう目からくる情報の大事さも広がったんじゃないかなと思います!耳でももちろんですが、今まで以上に目でも楽しめるのかなと思いました。

Do the レゲエのコミュニティに参加して、日本初のオンラインクラッシュを楽しもう!

▶︎ Do the レゲエ コミュニティ
▶︎ コミュニティ入会方法
▶︎ オフィシャル Instagram

オフィシャルTwitterで最新情報をチェック!