【インタビュー】大門弥生 & DABO|ジャンルレスに音楽を愛する二人のレゲエ観

Interview & Text:Umi Yamaguchi

卓越した歌唱力と、複雑な女性の心情を描くリリックで、老若男女から幅広い支持を受ける大門弥生。才能はそこにとどまらず、ダンサーやファッションアイコンとしても活躍する彼女は圧倒的なオーラを放っている。そんな大門弥生が務めるYouTube企画『ウタダイモン~スナック弥生~』は、ハウスセッションコンサートと称し様々なアーティストをゲストに招く。YouTube内ではゲストとしてCHEHONやRAMHEAD、Dozan11(三木道山)など、ジャパニーズレゲエ界のレジェンドを招く中、今回は『出張ウタダイモン ~スナック弥生 東京編~』が東京・南青山レッドシューズにて開催された。

ゲストとして招かれたのはヒップホップMC、DABO。NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDとしてラッパーの一線を画しただけでなく、イラストや書籍も出すなど文才と絵心にも優れている。またレゲエ好きとしても有名で、DABOオフィシャルブログにて書かれている『ラガラガ』は、DABOがダンス現場へ通っていた頃が描かれており、個人的にはぜひ読んでほしい逸品だ。

今回はそんなレゲエと関係の深い二人へのインタビューを、『出張ウタダイモン ~スナック弥生 東京編~』共演直後に敢行することができた。ジャンルという壁を取り払い、心から音を愛する二人の音楽人生から成るレゲエ観に迫る。

− BUZZLE MAGAZINE(以下BM):今回お二人が繋がったキッカケはどのような流れで?

大門弥生:元々はRed Bullの仕事でご一緒させてもらって、DABOさんはバンドやられてるんで、バンドいいなあと思って。

DABO:前情報として、(大門弥生が)ダンギャルだってことは分かってたんで。

大門弥生:ダンギャル?(笑)え?

DABO:ダンスホールギャルでしょ。言わない?ダンギャルって。

大門弥生:えー!(笑)ダンギャル?言わへん。

− BM:ダンギャルっていうんですね(笑)

DABO:まあレゲエ好きな人って単純に話合うんで。そういうキャラなんだって思って。あとはなんか、偶然よく会うことが多かったんで。

大門弥生:おうちも近い。

DABO:そう、おうちも近い。

− BM:おうちが近いのは大きいですね。お二人の共通点として、ヒップホップとレゲエっていう、近しくもジャンルとして分かれている、そのどちらにも属しているという点を感じて。

DABO:うん。ヒップホップとレゲエどっちも好きっていう人は、一時期よりも少ないと思うしね。

大門弥生:確かにね。

DABO:今時の子ってたぶん、そんなにレゲエ聴くかなあって思うし。まあなんか嬉しいっすね、単純に(笑)両方好きな人がいるって。

大門弥生:私あんまりジャンルは気にしてなくて。自分の曲の中でもヒップホップもあるし、ダンスホールとかのレゲエもあるけどR&Bもあるし、だから私はあんまりジャンルを分けては見てないと思う。でもプライベートで聴くのはほぼダンスホール!

− BM:ダンギャルですね。

大門弥生:そう、ダンギャル(笑)

DABO:ダンギャル。分かんない、だんじりギャルかもしれない。

大門弥生:そっちのダンなんだ(笑)

− BM:だんじりギャル(笑)

(DABO, 大門弥生, Banana Lemon)

− BM:最近のレゲエ内のジャンルでいうと、スタイルがかなり幅広くなってきていますよね。

DABO:そうっすね。BUJU BANTONがちょっと前にインタビューで言ってたんですけど。今のジャマイカの若いアーティストは、ジャマイカン音楽のかけがえない歴史がめちゃくちゃあるのに、そこを無視して今時なオケでやることに警鐘を鳴らしてて。でも俺、例えばKOFFEEとか大好きだし、別にBUJUもそういうオケきたら歌うと思うし。ただ基本としてることは分かるっすよね。今時っぽくても、カルチャーを無視するのはまた違うぞっていう。

− BM:お二人のSNSも拝見させていただいたんですが、「公の場に申す」ことが多いのかなって。大門さんはフェミニストを掲げて追及していらしたり、DABOさんはご家族ができて違う角度からまた音楽シーンを追及していたりだとか。

大門弥生 あー。私は…そうですね。言いたいから言ってます(笑)

− BM:レゲエって、レベルミュージックとか反骨の精神とか言うじゃないですか。音楽ではない場所でも伝えようとしているお二方かなと思いました。

DABO:確かにあんまりいないかもしんないっすね。例えば、自分は古くからレゲエ聞いてるんで、もちろんゴリゴリのダンスホールとかが一番好きなんだけど、今って時代が変わってきたから。BUJU BANTONが『Boom Bye Bye』を封印するとか、ジェンダーフリーの時代になってきた。レゲエのバティマン批判とかさ。

大門弥生:確かに。

DABO:俺は「男女がペアになって子供を作る」っていうことが性別的に正しいと思っていて、だからダンスホールの主張も間違ってはないと思うんすけど。ただまあ今って、言いにくいこともいっぱいあるから。これからもう一回レゲエがバンってくるためには、アーティストの考え方も変えていかないととは思ったりしますね。

− BM:そうですね。また男女の考え方の差もあるかもしれないですね。

DABO:なんかその、アーティストとしてそういう際どいことも自分は歌っていきたいですけどね。センシティブな話だから。俺個人の意見だから、俺はこうするってだけですけど。「みんな勝手にしな」とは言いたいですね。

− BM:この時期イベントも色々と難しいと思うんですが、『ウタダイモン』を始めたのもこの状況下がきっかけで?

大門弥生:そうですね。編集も全部自分でやってるんですけど、「週一で始める」って宣言したのに編集が全然追いつかなくて(笑)今はもうマイペースに。

− BMなんだかNPR MUSIC(アメリカの公共ラジオによるコンサート企画)みたいですよね。お酒も飲みながらやっていたり。

大門弥生:そうなんです。長い目で見て、ずっとやっていきたい。

− BM:アーティストの方を呼ぶときは、どういう基準でしょうか?

大門弥生:ウタダイモンは本当に、私が大好きな人、実力があって尊敬してる方々を誘わせていただいてます。ウタダイモンの “基地” が大阪にあるんで普段は大阪でやって、こういう機会があったら外でやって、って感じですね。

− BM:なるほど。大門さんはワークショップも開催されてましたよね。

大門弥生:そう、一番長いのがダンスの先生だから。8年くらいお仕事やってたんで。

− BM:大門さんの曲で『#KETSUFURE』ってJAPANESE TWERK REMIXとして出されていますが、アメリカにも行っていらっしゃって、日本とはまた違う環境でのダンスはどうでしたか?

大門弥生:細いアジア人がアメリカでトゥワークし出す、っていうのがたぶんおもろくて、黒人とかラティーナとかは「ウォイッ!」ってなってくれた(笑)たぶん普通の黒人がやるより、この細い身なりでやるからおもろかったんかな。だいたい日本人って言うと、「無口で可愛い」「キュート」みたいなイメージがあると思うから。

− BM:今まで音楽を続けてきた中で、ターニングポイントはありますか?

大門弥生:私は2017年にRei©hiと出した曲(『Choose Me』,『メロンソーダ』)が転機だった。それまでは、たくさんの人に聞いてもらいたいのに届かない…そんな時期が長くて。で、その曲から少し注目してもらえるようになったんで、私の中ではかなり嬉しかったですね。その曲たちで、アンチというものを初めて経験して。今まではずっと、”コメント1件!いつも応援してくれているファンの方!” みたいな状況がずっと続いてたので、ヘイトすら嬉しかったし、それが転機。ターニングポイント。

− BM:批判もくるような再生数に達したというところですね。

DABO:自分はニトロのデビューですかね。その後ソロデビュー。ダンスホールで言ったら、その…ダンス(クラブイベント)ばっか行ってる時期があって。ヒップホップの現場よりレゲエの現場に頻繁に行って、オープンマイクとかラバダブをいつもやってて。別にみんな「こっち来ちゃえこっち来ちゃえ」みたいな感じで(笑)真剣に悩んで。

大門弥生:その頃ってレゲエのほうがフィーバーしてた時期ですか?

DABO:俺的に。

大門弥生:うんうん。

DABO:でも海外でも日本でも流行ってたと思うよ。イベントも結構。で、まあ真剣に悩んで。だって…レゲエも素敵じゃないですか(笑)でも今までずっとやってきた積み重ねがもったいないなって。だからレゲエを一回振り切って「ラッパーで頑張ります」って言ってデビューしたから。まあそれも転機ですね。

− BM:それはいくつくらいの時でしょうか?

DABO:22~3歳の時っすね。ラッパーがラバダブ出るのとかも流行ってた時期があって。ラッパーのMCバトルとかもあったけど、すごく流行っているわけじゃなかった。

大門弥生:その時期って逆にダンスのバトルとか流行ってなかったですか?

DABO:ダンスってレゲエじゃないほうの?

大門弥生:あの、ヒップホップのダンス。

DABO:あー、確かに多かったっすね。

大門弥生:私結構そっち入りかも。小学校高学年とかでダンスの番組とか見て。DA PUMPとか。

DABO:そっか、ダンサーだもんね。

− BM:今後一緒に何かやりたいレゲエアーティストの方はいますか?

大門弥生:めっちゃいる。いつかCHOZEN LEEさんはやらせていただきたい。

DABO:いいっすねえ。

− BM:最高だと思います。個人的に、RUDEBWOY FACEさんとの曲『She is back』が入っているEPもすごく衝撃的でした。

大門弥生:絶対に王道のダンスホールは入れたくて。大好きでヘッズだったRUDEBWOY FACEさんに声かけさせてもらいました。あれは「シュンッ」って出来ました。「好きや」と思って(笑)

DABO:シュンって(笑)

大門弥生:あとはKARAMUSHIさんとか。

DABO:町田のラスタマンだね。

大門弥生:みんな繋がってるんですか?

DABO:いやなんかね、生楽器のほうに顔を出すようになってから繋がった。

− BM:早く密を楽しみたいですね。これからやっていきたいこと等あれば教えてください。

大門弥生:私は去年LA住んだ時、もっとアジア人をレペゼンしたいってめっちゃ思って。

BM:『Rich or Dead feat.なみちえ』もそうでしたよね。

大門弥生:そう。あれは韓国からSWERVYと台湾からC.HOLLY、日本からはあっこゴリラ姉さんとなみちえを招いてリリースしました。来年はインドネシアのRAMENGVRLとタイのPYRAって子と、もう曲は作り終わってて。だから来年はもっとアジア攻める。たぶん行った時期がよかったのか、かなり可能性を感じて。なんやろ、黒人の方たちに相手にしてもらえた。今までの時代であれば「相手にもしてもらえない」という話を聞いてたから、どこまでいけるんやろうって思ってたんですけど。そんな時代をサバイブしてきた先人たちがいて、時代は良い風に変わっていってます。私はそこに突っ込んでいきたい。

− BM:なるほど、アジア人としての挑戦ですね。DABOさんはどうですか?

DABO:俺は、なんすかね。ただ、ジャンルを飛び越えられる人になりたいっすね。ずっと「ヒップホップだ!」っていうのをやってきたし、でも今若い子いっぱいやってるんで、逆に「音楽はジャンルじゃねえだろ!」ってことを今度はやっていく番だと思うんで。自分は具体的じゃないすけど、そういう存在になりたいです。

− BM:すでにそういう存在になってきている気がします。今回は一緒に歌ってみてどうでしたか?

DABO:すごく楽しかったっす。やっぱライブハウスのお客さんのほうがジャンルにこだわらないんで。クラブはジャンルで聴きに来るけど、ライブハウスって結構オープンだから。「あ、いいじゃん」って思えば「いいじゃん」の反応をくれる。そこが好き。ジャンルレスな雰囲気になって良かったっす。

大門弥生:個人的に本当、今回は皆さんがいるから出来たし、出来たことが有難かったです。DABOさんとやるのも、もっと緊張するかなって思ってたんですけど。でも人柄に、本当(笑)助けられて。ありがとうございました。

DABO:んなことない(笑)こちらこそありがとうございました。

オフィシャルTwitterで最新情報をチェック!