Hibikilla、SNSでの競い合いに疲れ果てる現代人に警鐘を鳴らす『いいね !』をリリース

SNSでの「いいね!」獲得のために競い合い疲れ果てる現代人に盛った笑顔(加工済み)で警鐘を鳴らす一曲。トラックはHibikillaが自ら制作したバイレファンキのフレーバーが香るバウンシーなDancehall Riddimとなっている。

This is a self-help song that warns people today who are tired of competing to get “Likes” on social networking sites. The riddim is a bouncy dancehall with a baile funk flavor, produced by Hibikilla himself.

2021年4月16日(金)配信開始
ジャンル: Reggae (Dancehall)
Label: I-Note Records
Artist: Hibikilla
Lyrics: Hibikilla
Music: Hibikilla

各種配信リンク ▼
いいね!- Hibikilla

Hibikilla

Hibikillaは1980年北海道江別市出身のreggae/dancehallアーティスト。
1997年にレゲエDJ活動を開始。
2004年にDr.Productionより「100烈拳」7インチ・シングルをリリースし、Cisco Recordsレゲエシングルチャート1位獲得。
2006年Pony Canyonよりファーストアルバム『No Problem』を発表すると、『濃厚民族』(2007年)、『LIFE』(2008年)、『BE FREE』(2009年)とコンスタントにアルバムを発表。
2011年独立レーベルI-Note Recordsを設立し、「最悪ノ事態」などを収録したアルバム『FREEDOM_BLUES』を発表。同作は『ミュージック・マガジン』誌年間ベストアルバム・日本レゲエ部門1位に選出。
2015年より育児休暇に入るが、2020年に音楽活動を再開すると「この世界 feat. Dabo」でiTunes Storeレゲエシングルチャート1位。さらに「Wha Gwaan Midnight」でAudius Projectレゲエ部門世界年間1位などブランクを感じさせない活動を続けている。

Hibikilla is a 1980 born Japanese reggae/dancehall artist from Hokkaido Japan. He started his musical carrier in 1997.
he released a 7inch single “Hyaku Retsu Ken” which placed his first number 1 in reggae single chart in Japan in 2004.
he released his first album “No Problem” in 2006.
After that, he consistently released albums “濃厚民族 (Noukou Minzoku)”, “LIFE” and “BE FREE” between 2007 and 2009.
He established his own independent label I-Note Records and released 5th album “FREEDOM_BLUES” , for which won the best reggae album of ‘Music Magazine’ in 2011.
After a few long moments of silence, his returning single “この世界 (Kono Sekai)” reached No. 1 on the iTunes Store reggae single chart in 2020.

【YouTube】Hibikilla
【Instagram】@hibikilla30
【Twitter】@hibikilla30

オフィシャルTwitterで最新情報をチェック!