【和訳】アメリカのテレビ局Fox 5が獄中のVybz Kartelに独占インタビュー

アメリカのテレビ局Fox 5が、獄中のアーティストVybz Kartelの独占インタビューに成功した。

キング・オブ・ダンスホールとも称される彼は2011年に殺人罪で逮捕され、終身刑の判決を受け現在服役中。本人は当初より判決に対して不服申し立てを行なっており、一貫して無罪を主張している。今回のインタビューで自身の口からも語られたが、逮捕に関しては、ジャマイカ国内で圧倒的な影響力を持っていた彼が政府の策略により陥れられたとの噂もささやかれてきた。都市伝説のような話ではあるが、ジャマイカでは政治家や警察の不正が存在していることは周知の事実でもあり、真実は闇の中だ。

今年で逮捕から10年、その間も獄中から多くのヒットソング生み出し、今もなおダンスホール界のトップに君臨するキングが今の胸中を語る。

− あなたが今収監されている刑務所の部屋がどんなところか教えてもらえますか?

Vybz Kartel:ここは暗くて、暑い。3か4の寝台があって、角には便器がある。そして大きな鉄の格子があって、たくさんの金属で覆われてて、まるで地下牢みたいだ。だけどここは地下室じゃなくて屋根裏なんだ。実質的には俺は屋根の中にいるよ。

− あなたは肉体的なこと以上に精神的に調子が良いと言っていたけど、多くの人にとっては信じられないと思うわ。

Vybz Kartel:俺は数年の間病気だったからね。今は肉体的にも間違いなく回復していってるけど、精神的な面は常に良い状況だよ。なぜなら自分が無罪だってことは分かっているし、釈放されることになるのも分かっているからね。

− 本当にそう考えているの?

Vybz Kartel:もちろんそう思ってるよ。本当に正直に話すけど、システムが俺を処分したがっていたからなんだ。俺が容疑にかけられたのは、決して殺人を犯したからではない。Vybz Kartelっていう存在を抹消するためだったんだよ。一人の人間としてのAdidjah Palmer(Vybz Kartelの本名)じゃなくてね。

− なぜシステムはそこまでしてあなたを捕まえようとしたと思うの?

Vybz Kartel:ヤツらは俺たちに言ったんだよ、俺たちは影響力を持ちすぎてるってね。何年か前にMavadoと俺が小さな争いをしたことを覚えてるかな。俺たちはジャマイカの首相の公邸であるキングスハウスにまで行ったんだよ。そして彼らは俺たちに言ったんだ、俺たちが子供達を悪い道へと導いているんだってね。そして俺たちがそれ(銃や暴力、セクシャルな表現を歌にすること)をやめなければ、ショーだったり活動に対して一切の許可をすることはないってね。それはVybz Kartelという存在が持つ影響力に対してのことだったんだ。

− 獄中ではどうやって気持ちを保っているの?

Vybz Kartel:それは良い質問だね。さっきも言ったように、俺は精神的には良い状況にいるんだ。なぜなら俺はたくさん読書をして、たくさん書いて、映画を観て、音楽を聴いて、そしてここにいるイケてる人たちと出会って、その人たちと色んな話をすることができる。ここに至るまでにできた良い友人たちとね。それが俺の時間の過ごし方さ。

− あなたは投獄されてからもたくさんの曲を出してるけど、獄中にいるこの十年間でどれだけの曲を書いたんですか?

Vybz Kartel:たくさんの曲さ。数えることなんてできないな。一時期には曲を書いては1ヶ月に3,4冊の本を外に送ってたよ。大抵は面会に人が来てくれた時にその本たちを渡すんだ。マジで何千もの曲さ。俺のキャリアのスパンの中では多分、その全ての曲をリリースできるわけじゃないってのは分かってる。だけど、ただ続けてるのさ。分かるだろ。書いて、また書いて… それが俺をより良くさせるんだ。

− あなたの今のコンディションが健康に大きな影響を及ぼすことは心配していない?

Vybz Kartel:基本的に、今は家に帰ることしか考えてないよ。全てが終わりに近づいていってるし。だから自分の健康状態についてはそこまで心配はしていない。俺は良い状態だし、問題なしだよ。

− 刑務所の中にいてもポジティブの気持ちを保てているのは私には驚くべきことだわ。あなたはどんな状況に置かれてもいつもそんなに感謝の姿勢を保っていられたの?

Vybz Kartel:俺が小さかった頃は、自分がこんな風にリッチになれるなんて知らなかったんだ。俺は1980年代に育ったんだけど、金持ちな人は金持ちで、貧乏な人は貧乏、それはそういうもので、変わらないものだと思ってた。だから、それは本当に変わることがあるんだいうことを知れて、恵まれていることに感謝しなくちゃいけないんだ。たくさんの人が、それは無理だって考え方を持っている。彼らは彼ら自身が何でもないとか、何者でもないってね。だけどそれは良くない考え方だし、俺はその考え方を壊すんだ。チャンスは掴み取るものなんだ。感謝を忘れずにね。

オフィシャルTwitterで最新情報をチェック!