【東京都 11/09】DUB CINEMA Vol.2

DUB CINEMA Vol.2


EASS Hi Fi by eastaudio (シネマ音響)

Bim One Production (1TA & e-mura) -Host
Kuranaka1945 (Zettai-Mu) 
Likkle Mai (DJ set)
Torei (Set Fire To Me)

虎子食堂 (Food)

===================================
開催日:2021年11月09日(火曜日)
開催時刻:OPEN 18:00~CLOSE 23:00
会場:Contact
住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F
入場料:DOOR ¥2,000 (別途 1Drink ¥600)
お問い合わせ:shohei575323@gmail.com 
===================================

『サウンドシステムで映画上映を行うDUB CINEMAの第2弾が開催』

サウンドシステムを持ち込んで、ダブやステッパーズ、レゲエ等、サウンドシステム・カルチャームービーを上映するDUB CINEMA 第2弾が、ContactのStudio Xでの開催が決定。今回も最重要サウンドシステム・イベントTOKYO DUB ATTACKとeastaudio sound systemのバックアップの元、サウンドシステムの魅力と最高品質の重低音で案内する。
今回上映されるのは、ドキュメンタリー映画「IRATION STEPPAS -INA VANGUARD STYLE-」(和訳付き)だ。IRATION STEPPASはリーズを拠点にExodusとのSub DubやDancehall Science、さらには世界最大のベースミュージック・フェスと評価されるOutlook Festivalのレジデンツを務める、Mark IrationとDennis Rooticalが中心となり立ち上げられたイギリスのサウンドシステムである。Jah Shakaに牽引される英国のニュー・ルーツの第二世代で、UK最高のサウンドシステムといわれており、RuskoやCaspa、Skream、MALAとCOKIによるDigital Mystikzといったダブステップシーンの雄からもリスペクトを受ける存在である。
11月9日は日本のほかにブリストル、メキシコシティ、サンパウロ、ボゴタなど世界各都市同日プレミア上映となり、この日から一ヶ月間ロンドン、パリ、コペンハーゲン、ニューヨークなどの先行上映イベントと連携して開催される。
今回のサウンドシステムにはeastaudioがDUB CINEMAの為に製作したオリジナルサウンドシステムEASS HiFiを導入。バスリフレックスのEASS HiFiの素直で柔らかい低音とヴィンテージVoid Static3、これらの木目の美しいサウンドシステムは巨大なホームオーディオのようなサウンドを奏でる。
映画の前後にはこのサウンドシステムの優位性を十分に堪能する、ダブやレゲエのエキスパートとも呼べるラインナップによるDJタイムも準備されている。今年で26年を迎えるZettai-Muの主催で日本におけるダブシーンの重鎮Kuranaka1945や、伝説的ダブバンドDRY&HEAVYのボーカルでソロ名義でも活躍するLikkle MaiのDJセット、レゲエやダブの遺伝子で鳴らされる特異なダンス・ミュージックTorei、そしてホストには東京発のクオリティ・モダン・レゲエ・サウンドを掲示し国内外での活躍も著しいBim One Productionのプレイも予定されている。

【Web Site】Contact
【Instagram】@contacttokyo
【Twitter】@ContactTokyo
【Facebook】@contacttokyo

オフィシャルTwitterで最新情報をチェック!